Zoom ミーティングの無料版と有料版の違いは
「ミーティング時間の制限」と「機能」にあり

Zoom ミーティングは、世界各国で75万以上の企業や組織で利用されているWeb会議サービスです。狭帯域のネットワーク回線でも途切れにくいこと、そして、無料版でも画面共有や録画機能などほとんどの機能が使えることが、世界中で愛されている理由といえるでしょう。

しかし、無料版を使っているとどうしても気になってくるのが以下の機能制限です。

  無料版 有料版
ミーティング時間 3人以上の場合40分の時間制限 制限なし
録画 パソコンのみ クラウド、パソコン
共同ホスト機能 不可
投票機能 不可

有料版との大きな違いとなっているこれらの機能。どのような機能なのか、詳しくみていきましょう。

ミーティング時間の制限とは?

ミーティング時間の制限とは?

主催者が無料版の場合も、2人までのミーティングであれば時間無制限で利用することができます。1対1でのサポート業務や打ち合わせにしか利用しないのであれば、無料版をとても便利に活用できますね。

しかし、主催者が無料版で参加者が3人以上のミーティングでは、40分という時間制限がつきます。短いミーティングならよいですが、40分を超える場合は、再度ミーティングを主催して全員が入室し直すなど、かなりの手間と時間ロスが発生してしまいます。また、無料版でも100人まで参加することができますが、3人目が参加した時点から時間がカウントされますので、参加者が全員集まった頃には時間がなくなっていた!ということも。大人数でミーティングをしたい場合には注意が必要です。

主催者が有料版であれば、こうした心配はすべて不要。100人まで時間無制限でミーティングすることが可能です。

クラウド録画ができない?

Zoom ミーティングでは、ミーティング内容をそのまま録画することができます。録画ができると、あとで振り返ることはもちろん、録画した内容を欠席者に見てもらったり、研修やマニュアルとして活用したり、幅が広がりますね。

無料版でも録画はできるのですが、録画先が自分のパソコンとなります。これがどういうことなのか、有料版との違いを2つのポイントで詳しく解説します。

1.録画データの変換に時間がかかる

1.録画データの変換に時間がかかる

無料版の場合、ミーティング終了後に録画データの変換処理(エンコーディング)がスタートします。変換の時間は、パソコンの性能にもよりますが、会議時間と同じくらいかかります。それが終わるまで録画を見ることはできませんし、さらに怖いのは、パソコンのエラーでデータが飛んでしまい録画できていなかった!なんてことが起こりうることです。

 

有料版であれば、クラウド(Zoomサーバー上)で録画を行い、クラウドで変換処理も行います。トラブルも起こりにくく、ミーティング終了後すぐに録画映像を見ることが可能です。

2.録画データの共有が大変

2.録画データの共有が大変

もうひとつのデメリットは、録画データ(映像ファイル)の共有が大変なことです。録画データというのは一般的にファイル容量が大きくなりがちなので、容量次第ではメールに添付して送れないこともあるでしょう。すると、ファイル転送サービスを利用したり、Youtubeにアップして共有したりと、他の手段を考えなければならず、大変な手間となります。

 

有料版であれば、録画データは最初からクラウドにありますので、Zoomの「共有」ボタンをクリックして該当のリンクを送るだけ。とても簡単に共有できます。

共同ホスト機能が使えない?

共同ホスト機能が使えない?

Zoomにはホスト(主催者)という考え方があり、録画をしたり、ミーティング中の各種管理を行ったりします。ただ、主催者はミーティングの進行で忙しいことも多く、他の参加者に管理を手伝ってもらいたい場合もあるでしょう。こんなとき、他の参加者を「共同ホスト」に任命することで、ホストとほぼ同等の機能を持たせることができます。主催者が複数になれば、ミーティングの進行はぐっと楽になりますね。

もうひとつ、共同ホストが役立つケースがあります。それは、ミーティングの主催者が途中で会議を抜けるような時です。例えば、上司がチームメンバー数人を集めてミーティングを始めたけど、主催者の上司は次のミーティングのため途中で抜けなければならない。残りはメンバー同士で詰めておいて!と。こんなケースよくあるのではないでしょうか。このような場合、共同ホスト機能が使えないと、一度ミーティングを終了しなければなりませんが、有料版の主催者であれば、他の参加者へ主催者を引き継ぐことができます。

なお、共同ホストに任命される側も有料版である必要がありますのでご注意ください。

投票機能が使えない?

投票機能が使えない?

投票機能とはその名の通り、ミーティング中に投票を開始し、参加者から回答を得る機能です。ミーティング中アイディアや意見を集約したり、オンラインワークショップの後に参加者アンケートをとったり、使い方次第で様々な活用ができます。また、結果の共有やデータダウンロードもすることができます。
とても便利な機能ですが、無料版では使えず、有料版のみの機能となります。

Zoom有料版を検討するなら
ビジネスプラン最低価格提供のブイキューブで

いかがでしたか?無料版で充分と思っていても、機能制限のために必要以上の手間や作業が発生している方も多かったのではないでしょうか。ちょっとした手間や作業も積み重なると業務効率低下やストレスにつながります。思い当たる方はぜひ有料版の導入をご検討ください。

Zoomの有料プランは、以下のように分かれています。

  • プロ
  • ビジネス
  • エンタープライズ

少人数でとにかく始めてみるならプロプランが最適ですが、10ID以上のビジネスプランなら、ブイキューブが最低価格で提供します。サポートが充実したプランもご用意しております。

※Web等で公表されている価格との比較による。

プラン一覧・料金はこちら