Zoomは無料で使えるの?利用できる機能や導入までの流れを解説

 2020.08.21

オンラインでミーティングを開催できるWeb会議ツール「Zoom(ズーム)」。

新型コロナウイルスの影響で在宅での勤務が求められる中、遠隔でも会議ができるツールとして、多くの企業で導入が進んでいます。

Zoomは、個人間のミーティングや短時間のチームミーティングでは、無料プランで十分使用できる便利なツールです。

本記事では、Zoomの無料プランで使用できる機能を解説すると共に、有料プランとの違い、実際に導入するまでの手順について解説していきます。

Zoom導入のポイントがわかる!Zoom導入ガイド

zoom_introduction_guide

Zoomをより効果的に利用するために押さえておくべき点や、ブイキューブならではのメリットを紹介しています。ぜひお役立てください。

【内容の一部】

  • Zoomをブイキューブでご契約いただくメリット
  • ブイキューブからのZoom導入実績
  • Zoomの各サービスプランのご紹介

Zoom導入ガイドをダウンロードする

Zoomは無料でオンライン会議ができる

Zoomには、無料プランを含めた4つのプランが用意されており、想定される同時接続の人数や1回の利用時間によって、適切なプランを選ぶ必要があります

ここでは、Zoomの運用サポートやテレワークのマニュアル作成のサポートを行っている株式会社ブイキューブが提供する「Zoom スタイル」を参考に、プランの違いについて解説して行きます。

Zoomのプラン

月額料金

同時接続人数

時間制限

基本
パーソナルミーティング

無料

最大100名

1対1:無制限
3人以上:40分以内

プロ
小規模チームに最適

¥1,600 / ホスト

最大100名

無制限
(24時間以内)

ビジネス
中小企業

¥2,000/ホスト

最大300名

無制限
(24時間以内)

エンタープライズ
大企業

要お問い合わせ

最大1,000名

無制限
(24時間以内)

※Zoom スタイルからを契約する場合、プロプラン以上の契約が必須になります。

 

プロ以上のプラン(プロ・ビジネス・エンタープライズ)になると、1ホストあたり約1,600円〜の月額費用がかかってきますが、基本プランであれば無料で利用できます

有料プランと比べると、基本プランには機能に制限があるのは事実ですが、「個人間でオンライン会議を行いたい」「少人数のチームで短時間のミーティングをスポットでしたい」といった場合には、基本プランで十分に対応できます。

なお、有料プランへのアップデートはZoomのアカウント管理画面から簡単に行える上に、即日でのプラン移行が可能です。

Zoomの導入はブイキューブから!

もしもこの記事をお読みの方の中に、企業でのZoom導入を検討している方がいらっしゃいましたら、Web会議シェアNo.1のブイキューブ社からの導入を検討しましょう。月額換算1,600円〜。安心のサポート付きプランもご用意しています。詳細はこちらからご確認ください。

企業での本格的なZoom導入では、有料プランが必要不可欠

無料で利用できるZoomですが、「企業のミーティングで本格的に使いたい」というニーズであれば、有料プランを導入する必要があるでしょう。

無料プランのネックとなるのが、3人以上のミーティングが最大で40分しかできない点です。社内会議の1回あたりの平均時間は、約79.5分と言われていますので、無料プランのZoomでは、その半分の時間でミーティングを終わらせなければなりません。

また、社外の方を招いたミーティングや、お客さんも含めたミーティングでは、途中でZoomが終了してしまうと、大きな損失に繋がりかねません。

無料で使えるのはZoomの一つの魅力ではありますが、やはり企業のWeb会議ツールとして活用するのであれば、有料プランを契約しましょう。

Zoomの無料プランで使える主な機能

ここからは、Zoomの無料プランで使用できる主な機能について見ていきましょう。

①個人間の時間無制限のミーティング

1対1の個人間のミーティングであれば、無料プランでも「時間無制限」で行うことができます。ただし、3人以上が参加するミーティングの場合は、1回につき最大40分までの利用制限があります。

②画面共有

自分のPCやタブレット・スマホの画面を、ミーティングの参加者に共有できます。パワーポイントの資料やグラフ・Webサイトなどを参加者全員で見ながらミーティングが進められるので、イメージを共有する時に役立ちます。

②ホワイトボード

ホワイトボードは、真っ白の画面に図や線・テキストを描くことができる機能です。ホワイトボードも、ミーティングの参加者全員で共有ができ、複数人で書き込むことも可能です。

オンラインだと中々やりづらいブレストやアイデア出しも、ホワイトボード機能を活用すれば円滑に行うことができます。

③アクティブスピーカーの表示

アクティブスピーカーとは、3人以上の参加者がいる場合、Zoomが話している人を判別し、メインの画面に大きく表示する機能です。話者以外の参加者は、画面上部に小さく表示されます。

アクティブスピーカーは、デフォルトの設定で適応されていますが、不要の場合は無効にすることも可能です。

④バーチャル背景

指定した画像やビデオをミーティング中の背景として使用することができます。急なミーティングで自宅を片付ける暇がない時や、プライバシーを守りたい時に便利な機能です。

最近では人気のアニメや漫画・映画などをモチーフとしたZoom用の背景もあり、チーム内のミーティングなどフランクな場では、会議を盛り上げるために使われることもあります。

⑤ブレイクアウトルーム

ブレイクアウトルームとは、ミーティングの参加者をグループ分けして、別々のルームでミーティングができる機能です。例えば、グループワークをしたい時に、10人参加者を3〜4つのグループに分けて話し合うことができます。

⑥テキストチャット

Zoomミーティングの最中に、参加者同士でテキストでチャットを送り合うことができます。グループ全体にメッセージを送ることも可能ですし、特定の参加者のみにプライベートメッセージを送ることもできます。

⑦レコーディング

ミーティング中の映像や音声をレコーディングする機能も、無料で利用できます。ミーティングの内容を記録できるので、議事録の作成や後から振り返りたい時に役立ちます。

なお、ZoomにはデータをPCに直接保存する「ローカル保存」と、Zoomのサーバー上に保存する「クラウド保存」がありますが、無料プランで利用できるのはローカル保存のみになります。

Zoomの無料プランと有料プランの違い

Zoomの導入を検討している企業の担当者様の中には、「無料プランと有料プランどちらを契約すれば良いのか」迷われている方も多いと思いますので、両者の機能面の違いについて解説をしていきます。

グループ通話の利用制限

無料プランでは、3人以上のミーティングの場合、最大で40分までの時間制限がありました。しかし、有料プランの契約をすることで、時間制限がなくなり、時間を気にせずにミーティングを行うことが可能になります

40分以内のミーティングを前提に、無料プランのZoomを導入するケースがありますが、毎回のミーティングを時間内に収めるのは、なかなか難しいものです。定期的に3人以上でのミーティングが想定される場合は、有料プランを契約するのがベストと言えるでしょう。

クラウドレコーディング

有料プランに契約すると、Zoomのサーバー上にミーティングの映像と音声を記録できる「クラウド保存」が可能になります。URLリンクを共有するだけでミーティング内容を確認できるので、タイミングが合わずミーティングに参加できなかった方に、内容を伝える時にも役立ちます

ウェビナー機能

有料プランに契約した上で、ウェビナー機能のアドオンを追加すると、オンラインでセミナーを開催できるようになります

共同ホスト機能

共同ホストとは、ミーティングの作成や参加者のミュート・ブレイクアウトルームの作成など、ホスト(管理者)に与えられた権限を、指定した他のユーザーと共有する機能です。無料プランの場合は、ホスト権限が一人になるので、ミーティングの各種設定を一人で行わなければならず、ホストに大きな負担がかかります。

しかし、有料プランを契約し共同ホスト機能を活用すると、複数人でミーティングを管理できるので、ホストの負担を減らすことができます。

外部ツールとの連携

有料プランでは、SlackやGoogleカレンダー、Salesforceなど外部ツールの連携ができるようになります

例えば、Slackでテキストでやり取りをしている時に、どうしても映像や音声で伝えたいシーンでは、Slackから直接Zoomを立ち上げて、すぐにミーティングを始めることができます。

ミーティングURLを参加者に毎回知らせる必要がなくなるので、手間をかけずにスムーズなコミュニケーションをサポートしてくれます。

投票機能

投票機能とは、ミーティング中に使用できるアンケートのことを指します。例えば、ディスカッションを進めていく上で、複数のプランで意見が別れた時に、投票機能を活用することで、参加者がどのプランを支持しているのかを把握できます。

Zoomを利用するまでの流れ

ここからは、Zoomのアカウント作成から、実際にミーティングを立ち上げるまでの一連の流れを解説していきます。手順はとても簡単で、誰でもミーティングを作れますので、安心して利用すると良いでしょう。

Zoomスタイルから契約をして頂くと、Zoomの導入に関するサポートや、導入後のトラブルに対するサポートを受けることができます。また、テレワークを効率的に運用するためのコンサルティングや、個社向けのマニュアル作成にも対応していますので、Zoomの導入に不安を抱えている企業の担当者様は、ぜひご相談ください。

STEP1:Zoomのホームページにアクセスする

zoomのサインアップ画面

Zoomの公式ページにアクセスをし、トップページに表示されている「Enter your work email」の欄に、仕事で利用しているメールアドレスを入力し、「サインアップは無料です」のボタンをクリックしてください。

STEP2:指定したメールアドレスを確認する

zoomのサインアップ画面2

入力したメールアドレスに間違いがないかをチェックして、「確認」ボタンをクリックしましょう。

zoomのサインアップ画面

確認ボタンを押すと、「Eメールを送信しました」という画面に遷移しますので、指定したメールアドレスの受信ボックスを確認しましょう。

STEP3:アカウント情報を入力する

Zoomから「Zoomアカウントをアクティベートしてください」という件名のメールが配信されますので、メールの本文内に記載されているURLをクリックしましょう。

zoomのサインアップ画面4

遷移した先のページで、氏名とパスワードを設定します。パスワードは、ログインをする際に必要になってきますので、メモするのを忘れないようにしましょう。

zoomの初期招待画面

次に「仲間を増やしましょう。」というページが表示されます。利用が想定される人のメールアドレスを入力することで、その人宛にアカウントの作成依頼のメールが届きます。

利用する相手が決まっていない場合には、「手順をスキップする」ボタンをクリックして、問題ありません。

STEP4:テストミーティングを開始する

zoomのミーティング開始画面

「Zoomミーティングを今すぐ開始」をクリックして、Zoomが正しく起動するかを確認しましょう。

zoomのミーティング開始画面2

Zoomをインストールしていないユーザーは、上記の画面の「Zoomをダウンロードして実行してください。」のボタンをクリックしましょう。クリックをすると、自動的にZoomのアプリケーションのファイルのインストールが開始されます。

zoomのインストール

ダウンロードが完了したらファイルを開きます。ポップアップが立ち上がりますので、説明に従い、インストールを行いましょう。インストールが完了したら、「サインイン」をクリックし、登録したメールアドレスとパスワードを入力します。

zoomのサインイン画面

STEP4:新規のミーティングを作成する

zoomのホーム画面

すぐにミーティングを開催する場合は、赤枠の「新規ミーティング」をクリックすると、Web会議の画面が立ち上がります。

zoomのミーティング中画面

画面の下部に表示されるツールバーの「参加者」をクリックすると、以下のポップアップが立ち上がります。

zoomの招待画面

「招待リンクをコピー」をクリックすると、ミーティングの招待URLがコピーされますので、ミーティングの参加を予定している人にURLを送りましょう。

また、参加者がミーティングに参加するためには、パスワードが必要ですので、青枠に記載されたパスワードも合わせて知らせてください。

zoomの招待画面2

なお、赤枠のメールをクリックすると「デフォルトメール」「Gmail」「Yahooメール」からそれぞれ、参加者に招待メールを送ることが可能です。

まとめ|1対1でのミーティングだけを想定しているのであれば、無料版のZoomを導入しよう

本記事では、Zoomは無料で使えるのかという疑問から、無料プランで利用できる機能そして有料プランとの違いについて解説をしてきました。

Zoomは無料プランでも、多くの機能を利用できる高機能なWeb会議ツールであることは間違い無いでしょう。特に、1対1のミーティングであれば、時間を気にせずミーティングができるので、特別問題が発生することはありません。

ただし、3人以上でのミーティングには40分以内の時間制限があるので、日常的にオンラインミーティングを行なっている企業やチームでは、やはり使いづらさを感じてしまうでしょう。

1対1のミーティングのみであれば無料プランを、3人以上のミーティングであれば有料プランを選択するという基準で契約するのがベストということを頭に入れて頂ければ幸いです。

満足度91%!
プロ講師が教える、Zoom導入検討者必見セミナー

Web会議の際などに便利なZoomですが、その機能やプランは複雑で「どのプランが最適なのかわからない」「有料版を購入するべきか決めかねている」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。

こうした疑問を解消するのがZoomの無料Webセミナー「満足度91%!プロ講師が教える、Zoom導入検討者必見セミナー」です。Web会議のクラウド市場で13年連続シェアNo.1※としての実績をもつブイキューブが、

  • 会議?商談?セミナー?利用シーンに合わせたおすすめプラン
  • 安全性が心配?Zoomのセキュリティを高めて安全に使う方法
  • 無料プランから有料プランへ切り替える際に知っておきたいポイント
  • Zoom最低価格に挑戦!Zoomのお得な購入方法

について、Web会議のプロフェッショナルであるブイキューブの社員がお伝えします。

※株式会社シード・プランニング「2020 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション機器・サービス動向」

Zoomの導入やご購入をご検討中の方は、この機会にぜひご参加ください。

導入セミナーへのお申込みはこちら

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。

関連記事