Zoomの機能を用いてアプリを開発できる!Zoom SDKの基礎知識

 2020.12.29

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、テレワークや在宅勤務の導入が進む中、Web会議システム「Zoom」を利用する頻度も高まってきました。Zoomはすでに高機能で便利なサービスですが、自社でカスタマイズして利用したいと思う企業もあるかもしれません。

そこで使いたいのが、Zoom SDKです。開発者がZoomを使ったアプリケーションを簡単に作れるSDKは、公式から配布されているものでデモがついています。そのため、ベースになるものを使いながら、必要な機能を拡張して開発できます。

本記事では、Zoom SDKのご紹介、ラインナップ、利用方法を簡単にご紹介します。

Zoom導入のポイントがわかる!Zoom導入ガイド

zoom_introduction_guide

Zoomをより効果的に利用するために押さえておくべき点や、ブイキューブならではのメリットを紹介しています。ぜひお役立てください。

【内容の一部】

  • Zoomをブイキューブでご契約いただくメリット
  • ブイキューブからのZoom導入実績
  • Zoomの各サービスプランのご紹介

Zoom導入ガイドをダウンロードする

そもそもSDKとは

SDK(Software Development Kit)とは、少ない労力でアプリケーションを開発できるよう、プログラムやAPI、サンプルコードなどをパッケージにした、ソフトウェア開発キットです。

SDKを用いることで、簡単に既存システムやアプリケーションに必要な機能を実装できたり、アプリケーション同士の連携が可能になったりします。

SDKについて調べる中で、よく「API」という言葉も目にすると思いますが、SDKとAPIは別物です。API(Application Programing Interface)とは、ある一つの機能に特化したプログラムで共有可能なもの、ソフトウェアの機能を共有する仕組みのことです。

同じことが実現できるように思えるかもしれませんが、「書くのが難しいAPIを簡単にしてパッケージにしたもの」がSDKです。もちろんSDKを使う中でAPIが使われています。

ZoomのSDKとは

では、ZoomのSDKを利用することで、どんなことができるのかご説明します。

ZoomのSDKを利用することで、簡単に自社アプリ内にZoomのビデオ通話などの機能を組み込むことができるようになります。

ユーザーはZoomが使われていることを知らずに、開発者が自身のサービスにビデオ通話などの機能を組み込んで提供できるのです。機能の実行はZoomの基盤に任せるだけです。

ZoomのSDKのラインナップ

Zoom SDKは2種類あります。

  • Fully Customizable SDKs
  • Client SDKs

「Fully Customizable SDKs」はZoomが2020年10月14日(米国時間)に発表した新しいSDKです。これまでのSDKは、ハードウェア製品への機能の組み込みや、他のアプリケーションとの連動を実現するものでしたが、「Fully Customizable SDKs」では、Zoomの機能を独自で開発した製品やサービスかのように利用できるようになります。

具体的には以下のような違いがあります。サポートされているプラットフォームや、Zoomのプラン、オプションの違いによって比較してみてください。

 

Fully Cutomizabe SDKs

Client SDKs

サポートされている
プラットフォーム

Android
iOS
Web

Android
iOS
Windows
macOS

ミーティングオプション

Zoomセッション

ミーティング
ウェビナー

会議識別子

セッション名

ミーティング
ID/番号

Zoomミーティングとの互換性

デフォルトの会議UI

カスタムUIサポート

プレミーティング管理

ユーザーログイン

-

メール
SSO
API

RAWデータ

モバイルプラットフォームで
利用可能

参照:https://marketplace.zoom.us/docs/sdk

「Fully Customizable SDKs」は、開発者にとって優れた使い勝手で、最小限のコードで実装できます。

ビデオ通話や音声通話、リアルタイムのインタラクティブなビデオ・オーディオストリーミングなど、ユーザーとの接続機能を強化するように構築されています。画面共有やセッション内のチャットもカスタマイズ可能です。

月に最大1万分を無料で利用することができ、その後はニーズ似合った柔軟な支払いプラン(従量課金制)で利用できます。年間ボリュームプランもあります。

参考:https://zoom.us/ja/fully-customizable-sdk.html

Zoom SDKの利用方法

ZoomのSDK利用にあたっては、以下のページからサインアップして、フォームに記入が必要です。

登録が承認されるとサンプルコードやモバイル・Webのデモアプリ、開発者向けドキュメントにアクセスできるようになります。

【サインアップ】
https://zoom.us/docs/en-us/fully-customizable-sdk.html

まとめ|ZoomのSDKで簡単にカスタマイズしよう

ZoomのSDKの基礎知識をご紹介しました。

自社のシステムやアプリケーションに、ZoomのSDKを用いてカスタマイズすることで、簡単により便利な体験を作ることができます。Zoomの強みは、安定したビデオ通話です。その他の細かな機能も組み込むことができます。

まずは、必要とする機能を洗い出し、SDKで組み込むかどうか検討してみてはいかがでしょうか。

満足度91%!
プロ講師が教える、Zoom導入検討者必見セミナー

Web会議の際などに便利なZoomですが、その機能やプランは複雑で「どのプランが最適なのかわからない」「有料版を購入するべきか決めかねている」そうお困りの企業担当者さまも多いことでしょう。

こうした疑問を解消するのがZoomの無料Webセミナー「満足度91%!プロ講師が教える、Zoom導入検討者必見セミナー」です。Web会議のクラウド市場で13年連続シェアNo.1※としての実績をもつブイキューブが、

  • 会議?商談?セミナー?利用シーンに合わせたおすすめプラン
  • 安全性が心配?Zoomのセキュリティを高めて安全に使う方法
  • 無料プランから有料プランへ切り替える際に知っておきたいポイント
  • Zoom最低価格に挑戦!Zoomのお得な購入方法

について、Web会議のプロフェッショナルであるブイキューブの社員がお伝えします。

※株式会社シード・プランニング「2020 ビデオ会議/Web会議の最新市場とビデオコミュニケーション機器・サービス動向」

Zoomの導入やご購入をご検討中の方は、この機会にぜひご参加ください。

導入セミナーへのお申込みはこちら

ブイキューブ
著者情報ブイキューブ

ブイキューブは映像コミュニケーションの総合ソリューションプロバイダとして、世界中どこにいても働ける働き方・環境の実現を目指しています。創業時よりテレワークを活用し、2016年には総務省「テレワーク先駆者百選 総務大臣賞」に選出されました。

関連記事